「toio(トイオ)」専用タイトル
『工作生物 ゲズンロイド』
文化庁メディア芸術祭 エンターテインメント部門
審査委員会推薦作品に選出
~6月8日(土)日本科学未来館で実施中の「受賞作品展」にてワークショップ「工作生物 ゲズンロイド -君のハサミで新しい生物をつくろう」開催~

ソニー・インタラクティブエンタテインメントは、子どもの創意工夫を引き出すロボットトイ 「toio(トイオ)」専用タイトル『工作生物 ゲズンロイド』が、第22回文化庁メディア芸術祭 エンターテインメント部門 審査委員会推薦作品に選出されました。
http://festival.j-mediaarts.jp/award/entertainment/

本芸術祭の審査委員会推薦作品に選ばれたことを受け、2019年6月8日(土)「第22回文化庁メディア芸術祭 受賞作品展」開催会場の一つ、東京・お台場 日本科学未来館において、 『工作生物 ゲズンロイド』を楽しく体験いただけるワークショップ「工作生物 ゲズンロイド ―君のハサミで新しい生物を作ろう」を開催いたします。


■「toio(トイオ)」専用タイトル『工作生物 ゲズンロイド』について

おもちゃショーtoioブースの画像

“子どもの創意工夫を引き出すロボットトイ「toio」”の専用タイトルである『工作生物 ゲズンロイド』は、小さなキューブ型ロボットに紙工作をつけて、絵本の中のうごきのプログラムを注入すると、なんとも不思議な未知の生命体(19種類)が動き出す?!ユニークな世界観が大人気の作品です。 今回は、ゲズンロイドのプロデューサーである中山哲法の解説を聞きながら、実際に参加者の方に工作していただき、楽しく未知の生命体をつくりだしていく、大人から子どもまで楽しめるワークショップになっております。


【文化庁メディア芸術祭 受賞作品展関連イベント:ワークショップ】
「工作生物 ゲズンロイド ―君のハサミで新しい生物を作ろう」概要

■日 時:6月8日(土)14:00~15:30
■会 場:日本科学未来館 7階「海王星」(東京都江東区青海2丁目3-6)
■開催場所:toioブース内(東京おもちゃショー2019内 西3ホール 3-11) 
https://www.miraikan.jst.go.jp/guide/route/
      ※新交通ゆりかもめ 「東京国際クルーズターミナル駅(旧船の科学館駅)」下車、徒歩約5分/「テレコムセンター駅」下車、徒歩約4分
      ※東京臨海高速鉄道りんかい線 「東京テレポート駅」下車、徒歩約15分
■ファシリテーター:中山哲法 [toio?開発者/『工作生物 ゲズンロイド』 プロデューサー兼チーフプログラマ]
■参加人数:12名
※実際のプログラムは、2名1組で進めていただきます。
※1名でのお申込みも可能です。(中学生以上)
■対象年齢:6才以上
※小学生の参加者は、保護者同伴にてお申し込みください。
■参加費用:無料
■申し込み方法:事前予約(先着順)
イベント申し込みページ https://jmaf-ws01ent.peatix.com/view

※イベント内容は予告なく変更することがあります。
※"toio"、"トイオ"、"工作生物 ゲズンロイド"、は、株式会社ソニー・インタラクティブエンタテインメントの登録商標または商標です。
※その他記載されている名称は各社の商標または登録商標です。