トイオの大喜利|7月の結果発表&8月も募集中!

2021年08月26日

「トイオの大喜利」7月のエントリーありがとうございました!

この度は、「トイオの大喜利」7月のお題「動くレゴ®ブロック」にエントリーいただきありがとうございました。

小学生から大人の皆様まで、多数の作品が寄せられました。

大喜利審査員の厳正なる選考の結果、各賞が決定しましたので、ここに発表します。

結果発表

7月は、初の試みとして「公開審査会」をオンラインで実施しました!
スペシャル審査員の人気YouTuberレオトイさんとSIE 田中章愛のコメントをぜひご覧ください!※現在準備中です。

image (coming).png

◆レオトイさんプロフィール◆

レオトイさん.png

サラリーマンになってもおもちゃ大好き平成キッズ。
YouTubeでおもちゃレビューをしています。
動画を視聴後、思わずおもちゃを購入してしまう"被害者"を次々と生んでいます。
YouTube:
https://www.youtube.com/user/leonanmt

Twitter:
https://twitter.com/Leo7toy

以下、今回受賞した作品一覧です。

_ogiri_kekka_shogaku.jpg

0_grand_prix.jpg

トイオとレゴでロボット回転ずし(小学校4年生と1年生/かずおさんのお子様)



4_gold.jpg

(T Yoshimi さんのお子様)



3_silver.jpg

toio大喜利7月「ブルーインパルス」(小学5年生/うのっちさんのお子様)



2_bronze.jpg

ハートの国の(娘の)オリンピック!(小学1年生/鎌らぼ kidsプログラミングスクールさんのお子様)

レゴが動いて何かができるよ!(小学4年生/Akichika Tanakaさんのお子様)



1_finalist.jpg

着陸失敗な鳥ちゃん(小学5年生/鎌らぼ kidsプログラミングスクールさんのお子様)


toio de レゴパズル(小学4年生/Yuarin LEGO&Minecraftさんのお子様)


せばすちゃん(小学1年生/鎌らぼ kidsプログラミングスクールさんのお子様)

おはなばたけのちょうちょさん★♪(小学1年生/Akichika Tanakaさんのお子様)

そして今回、特別賞としてレオトイさんに「レオトイ賞」も選んでいただきました!

5_leo.jpg

(T Yoshimi さんのお子様)

もう1つは銅賞とダブル受賞となった「レゴが動いて何かができるよ!」でした!

_ogiri_kekka_otona.jpg

0_grand_prix.jpg

toio大喜利7月作品「止まらない回転2021!! ベイトイオ再び!!」(うのっち(宇野)/ ゲーム技術系Vtuberさん)



4_gold.jpg

toioでヘリキャリアー(tokyoamadoさん)



3_silver.jpg

toio de ボール転がし(Yuarin LEGO&Minecraftさん)



2_bronze.jpg

toio de ダンス(Yuarin LEGO&Minecraftさん)


toio de サイクリング(Yuarin LEGO&Minecraftさん)



1_finalist.jpg

話題のピクトグラム(鎌らぼ kidsプログラミングスクールさん)

ーーーーー

・・・以上となります。

受賞した皆様、おめでとうございます!

今回、toio Doの公式サンプル採択作品はありませんでしたが、次回以降もぜひご参加&チャレンジお願いいたします!

注:今回関係者(田中)の投稿による応募が含まれましたが、審査は厳正に行っております。何卒ご了承ください。

「トイオの大喜利」8月のエントリー受付中!審査員は・・・?

現在8月の大喜利作品もエントリー受付中です!お題は「新しい工作生物」です!

toioogiri_210803_ゲズン_ページ_02.png

今回の審査員は「工作生物 ゲズンロイド」の生みの親であり「ピタゴラ装置」のクリエイター、ユーフラテスさんです!

皆様奮ってご応募ください!8月の大喜利の詳細はこちらをチェックです!

トイオの大喜利|8月のお題は「新しい工作生物」

2021年08月04日

「トイオの大喜利」とは?

「トイオの大喜利」は、毎月お題を設定して、toio作品を募集する企画です。

小学生からおとなまで、ものづくりが好きな⽅、ロボット・プログラミングに興味のある⽅、とにかく面白いことをやってみたい⽅に、toioを活用したアイデアを発表・発信する機会となればと思っています!

先月までのお題の作品は #トイオの大喜利 やSlackのトイオ・クラブにもたくさん公開されていますのでぜひ見てみてください!

toioogiri_210803_ゲズン_ページ_01.png

今月のお題は?

8月のお題は「新しい工作生物」です!

toioのキューブ(ロボット)はいろいろなものをとりつけてあそんだり、プログラミングで動かすことができます。紙工作や身の回りにある道具などを乗せたキューブにプログラミングで動きを作って「工作生物」を生み出しましょう!

たとえば、ひらひらしたものやふわふわしたものは、キューブに動きを与えた瞬間に、思いもよらない動きをすることがあります。
toio Doでプログラミングしてみると、動きと工作のアイデア次第で鳴き声が出る工作生物も・・・?

もし専用タイトル『工作生物 ゲズンロイド』をお持ちの方は、プログラミングしなくてもお気に入りの工作生物を改造してもOK!また、お気に入りの工作生物のプログラムを自分で作っちゃうのも大歓迎です!

toioogiri_210803_ゲズン_ページ_05.png

応募部門は?

応募部門は以下の3つです!

toioogiri_210803_ゲズン_ページ_06.png

全作品の中からグランプリなど5つの賞を発表します。

受賞外の応募作品も、toio公式サイト、当社のSNStoio Doに掲載される場合があります。

toioogiri_210803_ゲズン_ページ_08.png

どうやって応募するの?

作品は、以下の3つの方法で応募できます。

toioogiri_210803_ゲズン_ページ_07.png

③の専用フォームは以下のボタンから入れます。

テーマ・審査員・応募期間・結果発表は?

今回の審査員はなんと!「工作生物 ゲズンロイド」の生みの親であり「ピタゴラ装置」のクリエイター、ユーフラテスさんです!

◆ユーフラテスさんプロフィール◆

toiocon_4.png

さまざまな「研究」を基盤として活動しているクリエイティブグループ。代表的な活動に、NHK Eテレ『ピタゴラスイッチ』『2355・0655』『テキシコー』映像制作など。今回は『工作生物 ゲズンロイド』の企画・ディレクションを手がけた佐藤匡・山本晃士ロバートが審査員として参加します。

公式サイト:https://euphrates.jp/

toioogiri_210803_ゲズン_ページ_09.png

image (15).png

さっそくチャレンジ・・・その前に!

応募いただく前に、以下のボタンから本応募規約をよくお読みください。

なお、応募いただいた⽅は、応募いただいた時点で以下の内容に同意いただいたものとみなします。

なお、未成年者はご応募にあたって親権者の同意を得ていただく必要があります。

応募いただいた時点で、親権者の同意を得たものとみなします。

上記同意後、Twitterやトイオ・クラブなど、上記①~③の応募方法でぜひ応募ください!

皆様の楽しい作品・動画をお待ちしています!

『toio SDK for Unity v1.3』リリース!Macから直接キューブに接続可能に。オンライン対戦サンプルプログラムも同時公開!

2021年07月29日

Ver.1.3 アップデート概要

toio専用アプリを手軽に開発できる「toio SDK for Unity」の最新バージョンVer.1.3が本日、モリカトロン株式会社からリリースされました!今回のアップデートに含まれる2大ニュースはこちら↓

  • Mac上のUnity Editorから直接キューブに接続可能に!
  • オンライン対戦サンプルプログラムが公開!

ここでは2大ニュースについてその内容を詳しくご紹介します。

Mac上のUnity Editorから直接キューブに接続可能に!

今回から新たに「macOS BLEプラグイン」が追加され、Mac上のUnity Editorから直接キューブに接続できるようになりました。これによりキューブ接続時に毎回アプリをビルドする必要が無くなり、これまで以上に迅速な開発が可能となっています。Macで「toio SDK for Unity」をご利用の際はぜひ「macOS BLEプラグイン」をお試しください。

「macOS BLE プラグイン」は小森顕博さん(https://github.com/comoc)から「toio SDK for Unity」のオープンソースリポジトリに提供されたプログラムです。
(小森顕博さん、素晴らしいプラグインの開発・提供をありがとうございました。)

オンライン対戦サンプルプログラム「Cube Marker(キューブ・マーカー)」が公開

「toio SDK for Unity」の豊富なサンプルプログラムに新たにオンライン対戦サンプルプログラム「Cube Marker(キューブ・マーカー)」が追加されました。このサンプルプログラムはオンラインゲーム管理サービス「PUN(Photon Unity Networking)」を利用しており、最大4人のプレーヤーがネットワーク上で同時に接続して遊ぶことが可能です。「Cube Marker」には以下の3つのゲームモードが含まれています。

3つのゲームモード

  • Battle:キューブを走らせて色を塗り、指定した時間内で塗った面積を競い合うバトルゲーム
  • Image Quiz:キューブを走らせることで、浮かび上がる画像の内容をあてるクイズゲーム(浮かび上がる画像をカスタマイズしてオリジナル問題も作成可能)
  • Multi-Image Quiz:チーム毎に異なる画像を浮かび上がらせ、その内容をあてるクイズゲーム(浮かび上がる画像をカスタマイズしてオリジナル問題も作成可能)

toio-cube-marker.gif



リアルなキューブにつなげると...
ゲーム画面を表示したディスプレイを水平に置き、その上にtoioの専用マットを敷くことで、あたかもキューブで「色塗り」しているかのような体験もできます。

(※ディスプレイを水平に置くときは、表面が指紋やキューブで汚れないように透明なシート等を上から被せてプレイしてください。)



「Cube Marker」はあらゆる端末(iPhone / Android / PCのブラウザ)からネットワークを介して世界中のユーザーと同時に楽しむことができます。

Cube_Maker_double_hand.PNG

「Cube Maker」のソースコードは以下のサイトから無料でダウンロード可能です。「toio SDK for Unity」を使ったオンラインゲーム開発の際にぜひ参考にしてください。

ネットワーク機能を使った作品紹介

「toio SDK for Unity」とネットワークを組み合わせて開発されたゲームは「Cube Marker」が初めてではありません。既に、これまでに素晴らしい作品が開発されてきました。ここではリモートですごろくを体験できる「toioでリモートすごろく」を紹介します。このゲームでは離れた人同士があたかも同じ場所にいるかのようにすごろくを楽しめます。片方のキューブを手で動かすと、同時に離れた場所にあるキューブが同じ場所に移動します。これなら離れた友達や家族同士で気軽にすごろくを楽しめますね!

「toioでリモートすごろく」Created by 東京大学 筧研究室 藤波 秀麿, 高 友康

引き続き、「toio SDK for Unity」ではキューブを使ったゲームやアプリ開発づくりのための開発環境を提供していきます。これからも「toio SDK for Unity」をよろしくお願いします。

----
※各製品名・サービス名は各社の商標です。各製品・サービスの詳細については各製品・サービス提供元へお問い合わせください。

toio Do・ビジュアルプログラミングで使えるマット一覧

2021年07月20日

この記事では、toio Do(ビジュアルプログラミング)で使えるマットについて解説します。

toio Do(ビジュアルプログラミング)対応マット一覧

以下のマットではtoio Do(ビジュアルプログラミング)の「座標」(X座標、Y座標、向き)が利用可能です。一部のtoio専用タイトルと簡易マットに対応しています。

toio-Do-VP-mat-list_20210720.png

PDF版も用意いたしましたのでご利用ください。

※工作生物 ゲズンロイドのマットをtoio Doで使用するにはキューブをシステムソフトウェアv02.0004以降へアップデートする必要があります。アップデート方法はこちらを参照してください。

なお、「toio SDK for Unity」「toio.js」など、toio Do (ビジュアルプログラミング) 以外のプログラミング環境から直接キューブの座標を取得して利用する場合は、「toio™コア キューブ 技術仕様」よりPosition ID / Standard IDの項目を参照してください。

※このページの情報は順次更新されます。最新の情報を参照の上ご利用ください。

トイオの大喜利|6月の結果発表&スペシャルニュース!

2021年07月16日

「トイオの大喜利」6月のエントリーありがとうございました!

この度は、「トイオの大喜利」6月お題「リモコン」にエントリーいただきありがとうございました

小学生から大人の皆様まで、多数の作品が寄せられました。

大喜利審査員の厳正なる選考の結果、各賞が決定しましたので、ここに発表します。

結果発表

ogiri_kekka_shogaku.jpg

1_gold.jpg

(かまらぼ さん)

田中「これは福笑いっぽい楽しさだけでなくて表情にもなるし、可能性を感じます!

佐藤「イラストを拡張するツールとしてトイオを使うというのは、とても良いと思いました。『動くイラスト』という新しい表現につながるアイデアだと思いました。」

2_silver.jpg

(かまらぼ さん)

田中「自分の描いた絵でファッションショー、夢のようですね!これはシリーズ化希望!

佐藤「面白い。トイオならでは。リモコンならでは!いろんな服に着せ替えられるのもいいですね。どこかのファッションブランドのDMとか、店頭ツールなどにも展開できそうなアイデア

(佐藤ねじ_neji / プランナー さん)

シルバー・ねじさん.png

田中「世界観・作りこみが素晴らしい!ガチファイターの名前の通り、他体験もプログラムもかなりガチでした(笑)。経験値まであるとは・・!このまま発展すると凄いゲームになりそうな可能性を感じます。

佐藤「経験値とかアクションの演出とか、細かいところまで実装凝っててすごい。はじめて遊ぶ人は、遊び方がわからないのでゲーム説明が、あるとなお良いですね

3_bronze.jpg

(かまらぼ さん)

田中「世界観の面白さとともに、暗闇でも位置が取れるtoioの発展性を感じさせられた作品でした!

佐藤「雰囲気あってすごくいい。ホラーのトイオ作品って珍しい。楽しい。ある意味、動画作品になってて、そういうトイオの使い方もありだと発見があった

(T Yoshimi さん)

田中「よこにつながったキューブもどき?のクオリティが高すぎて目を見張りました。ラインダンスっぽくて楽しい!」

佐藤「新しい視点ですばらしい!

4_finalist.jpg

(ごま さん)

田中「不思議と自分が旅行している気分になれる、楽しい世界観の素晴らしい作品でした!

佐藤「たしかに地図とトイオの相性すごくいい。移動する遊びいろいろできそう。可能性がある!

(T Yoshimi さん)

田中「何度みても笑ってしまいます(笑)。キューブならではのアイデアで最高です!」

佐藤「確かにロゴ、ちょうどキューブになるんですね。CMに使えそうなアイデアですね!」

(かまらぼ さん)

田中「これはいつでも使えますね!toioも便利な道具になるといういい例ですね。

佐藤「ナイスアイデア!いろいろ遊べそう!いいですね

(かまらぼ さん)

田中「どっちかどっちか??とハラハラドキドキさせられる楽しい動画でした!素晴らしい!

佐藤「すごいシンプルだけど、なんだかかわいい!面白い!表現の発見ですね。

(Akichika Tanaka さん)

田中「キューブが悩んでいる姿がかわいい。気持ちを表す絵もわかりやすくて楽しいですね。

佐藤「かわいい。ロボットが気持ちを当てるという感じになるのがいいですね。

(ごま さん)

田中「カエルさんかわいいです(笑)!世界観がいいですね。シリーズ化希望です!

ねじ「ただただ、シンプルにとてもかわいい。動く絵本みたい

ogiri_kekka_chuko.jpg

4_finalist.jpg

(かまらぼ さん)

田中「個人的にはドレミファインバーターといえば先日引退した京急ですが(笑)、実際にこういう電車に乗ったことがあったので気分が盛り上がりました(笑)。鉄道ファンにはたまらないですね!

佐藤「設定が鉄道くわしくない自分には分からないけど、それでも面白い。こまかすぎて伝わらない選手権・ロボットバージョンっていう感じがいい。『ロボットがものまねする』ジャンルって、ありだなと思いました。

ogiri_kekka_otona.jpg 1_gold.jpg

(tws さん)

田中「ゆらゆらしたり、協力し合ったり、生き物っぽくて楽しい作品でした。シンプルな中に世界観を感じます。

佐藤「『低速の揺れを利用する』のは、いいアイデアですね!なるほどと感心しました!!

2_silver.jpg

(masaya3 さん)

田中「真似するのは簡単ではないかもしれませんが、真似したくなるとっても楽しい作品でした。大喜利の幅を広げてもらえるアイデアなので特別賞枠とさせていただきました。

佐藤「こちらtoio Doをつかったものではないかもしれませんが、他のデバイスを使って動かすと魔法みたいに見えて面白いなと思い、特別賞枠で、1票入れさせていただきました。

(T Yoshimi さん)

田中「toioが入っていると言われないとわからないくらいパワフル(笑)。これはおうち中華が楽しくなりますね!

佐藤「こんなにたくさんの料理が回るの意外でした。食卓を楽しくするアイデアだし、家庭に中華テーブル持ってる人は少ないので、実用的なアイデアでもあるのが素晴らしいと思います!

(ちび (chibi929) さん)

田中「一発芸として最高(笑)。意外とあの有名なサインがどうやってできているのかわからなかったりするので勉強にもなりますね。

佐藤「なるほど、これアイデアですね!うちでも、子供が髪を切るのを嫌がるときに、これ回して、お店屋さんごっこみたいにして活用してみたいです。

ーーーーー

・・・以上となります。受賞した皆様、おめでとうございます!

今回、toio Doの公式サンプル採択作品はありませんでしたが、次回以降もぜひご参加&チャレンジお願いいたします!

注:今回関係者(田中・佐藤)の投稿による応募が含まれましたが、審査は厳正に行っております。何卒ご了承ください

「トイオの大喜利」7月のエントリー受付中!そしてスペシャルニュースが・・・!

現在7月の大喜利作品もエントリー受付中です!お題は「動くレゴ®ブロック」です!

toioogiri_210614_レゴ (1)_ページ_2.png

なお、今回スペシャルニュースがありまして...

実は7月の大喜利審査員として人気YouTuberレオトイさんに参加いただけることになりました!

◆レオトイさんプロフィール◆

レオトイさん.png

サラリーマンになってもおもちゃ大好き平成キッズ。
YouTubeでおもちゃレビューをしています。
動画を視聴後、思わずおもちゃを購入してしまう"被害者"を次々と生んでいます。
YouTube:
https://www.youtube.com/user/leonanmt
Twitter:
https://twitter.com/Leo7toy

・・・パチパチパチパチ!

果たしてレオトイさんの目に留まるのははどんな作品になるのか・・・!ワクワクしますね!

皆様奮ってご応募ください!7月の大喜利の詳細はこちらをチェックです!

トイオの大喜利|7月のお題は「動くレゴ®ブロック」

2021年07月01日

「トイオの大喜利」とは?

「トイオの大喜利」は、毎月お題を設定して、toio作品を募集する企画です。

小学生からおとなまで、ものづくりが好きな⽅、ロボット・プログラミングに興味のある⽅、とにかく面白いことをやってみたい⽅に、toioを活用したアイデアを発表・発信する機会となればと思っています!

先月のお題の作品は #トイオの大喜利 やSlackのトイオ・クラブにもたくさん公開されていますのでぜひ見てみてください!

toioogiri_210614_レゴ (1)_ページ_1.png

今月のお題は?

7月のお題は「動くレゴ®ブロック」です!

toioのキューブ(ロボット)はレゴ®ブロックをとりつけてあそんだり、プログラミングで動かすことができます。

自慢のレゴ®︎ブロックで作ったキャラクターや動物,乗り物などを乗せて動かしたり、楽しい街の中で動くストーリー、そしてプログラミングで変な動きを作ってみた!など、レゴ®ブロックとキューブの組み合わせで生まれる面白い動きの作品を考えてみてください!

toioogiri_210614_レゴ (1)_ページ_3.png

応募部門は?

応募部門は以下の3つです!

toioogiri_210614_レゴ (1)_ページ_5.png

全作品の中からグランプリなど5つの賞、さらに部門ごとにベスト10も発表します。

受賞外の応募作品も、toio公式サイト、当社のSNStoio Doに掲載される場合があります。

toioogiri_210614_レゴ (1)_ページ_7.png

どうやって応募するの?

作品は、以下の3つの方法で応募できます。

toioogiri_210614_レゴ (1)_ページ_6.png

③の専用フォームは以下のボタンから入れます。

テーマ・審査員・応募期間・結果発表は?

時期により変わりますので、本ブログやtoioの公式Twitterアカウントにて都度ご確認ください。

toioogiri_210614_レゴ (1)_ページ_8.pngtoioogiri_210614_レゴ (1)_ページ_9.png

さっそくチャレンジ・・・その前に!

応募いただく前に、以下のボタンから本応募規約をよくお読みください。

なお、応募いただいた⽅は、応募いただいた時点で以下の内容に同意いただいたものとみなします。

なお、未成年者はご応募にあたって親権者の同意を得ていただく必要があります。

応募いただいた時点で、親権者の同意を得たものとみなします。

上記同意後、Twitterやトイオ・クラブなど、上記①~③の応募方法でぜひ応募ください!

皆様の楽しい作品・動画をお待ちしています!

「トイオの大喜利」はじめました。

2021年06月04日

「トイオの大喜利」とは?

「トイオの大喜利」は、毎月お題を設定して、toio作品を募集する企画です。

小学生からおとなまで、ものづくりが好きな⽅、ロボット・プログラミングに興味のある⽅、とにかく面白いことをやってみたい⽅に、toioを活用したアイデアを発表・発信する機会となればと思っています!

今月のお題は?

「トイオの大喜利」最初のお題は「リモコン」です!

toio Do >あそぶ>シンプルゲーム&ツール の中にある「シンプルリモコン」を使って、キューブに面白い動きをさせる作品を考えてみてください!

toiocon_2.png

応募部門は?

応募部門は以下の3つです!

toiocon_3.png

全作品の中からグランプリなど5つの賞、さらに部門ごとにベスト10も発表します。

受賞外の応募作品も、toio公式サイト、当社のSNStoio Doに掲載される場合があります。

toiocon_5.png

どうやって応募するの?

作品は、以下の4つの方法で応募できます。

toiocon_4.png

④の専用フォームは以下のボタンから入れます。

テーマ・審査員・応募期間・結果発表は?

時期により変わりますので、本ブログやtoioの公式Twitterアカウントにて都度ご確認ください。

toiocon_7.png

toiocon_6.png

毎月更新されますので次回以降もお見逃しなく!

さっそくチャレンジ・・・その前に!

応募いただく前に、以下のボタンから本応募規約をよくお読みください。

なお、応募いただいた⽅は、応募いただいた時点で以下の内容に同意いただいたものとみなします。

なお、未成年者はご応募にあたって親権者の同意を得ていただく必要があります。

応募いただいた時点で、親権者の同意を得たものとみなします。

上記同意後、Twitterやトイオ・クラブなど、上記①~④の応募方法でぜひ応募ください!


「トイオの大喜利」、これからゆるーく楽しく大喜利を開催していきたいと思いますので、ぜひぜひ気楽にご参加ください!

「トイオ・クラブ」へようこそ

2021年04月12日

toio_club_join.png

「トイオ・クラブ」は、toioのユーザーやtoioが好きなクリエイターやエンジニア、プログラミングに興味があるご家庭・親子・ユーザーが集まり、toio開発者と直接交流したり作品を共有したりできる、オンラインでの"クラブ活動"のような公式オンラインコミュニティです。コミュニケーションツールとして「Slack」を活用し、無料で誰でも参加登録が可能です。

ちょっとゆる~い雰囲気で、気軽に楽しくtoioに関する話題やプログラミング、そしてちょっと関係ないけど楽しくて役に立ちそうな情報も共有しながら、楽しくて新しい体験を発見できる場を目指しています。

まずは「トイオ・クラブに参加する」を押して早速登録してみましょう!
(16歳未満の方は、保護者の方を通じて利用をお願いいたします)

「トイオ・クラブ」ではどんなことができるの?

トイオ・クラブには、toioにまつわる色々な話題を共有する様々な「チャンネル」が用意されています。コミュニティの進化に合わせてどんどん変化していきます(ここでは2021年4月現在の姿をご紹介します)。

toio_club_2.png

「トイオ・クラブ」ではどんな会話ができるの?

チャンネルの中では、toioの開発に関わったメンバーや、toioのプログラミングを楽しむ開発者やクリエイターの方々、これからtoioでプログラミングしてみたい!というtoioユーザーの親子など、さまざまな人々が交流しています。

toio_club_3.png

もちろん、プログラミング以外でも、「toioでこんなあそび方を思いついたよ!」とか、「こんな工作やおもちゃを組み合わせたら楽しいよ!」「toioのタイトルを使ってこんな作品を作ってみたよ!」「toio Doでこんなプログラムを作ってみたいんだけど、ここを教えてもらいたい!」といった情報共有、そしてSTEAMに関する一般的なや学校の授業でのtoioの使いかたに関する情報交換なども大歓迎!toioにちょっと関係ない話題でも、みんなが楽しめればOK!「クラブ活動」のようにゆる~く楽しくtoioや周辺の話題を共有し、楽しく発展しながら利用できることを目指しています。

「トイオ・クラブ」にはどんな人が参加するの?

「トイオ・クラブ」は、toioが好きな人、toioで何か作ってみたい人、toioであそんでいる人、toioでプログラミングを楽しむ開発者、toioやタイトルの開発に関わったメンバやクリエイターなど、様々な人々が参加し、ゆる~く交流しています。

toio_club_4.png

Slackについて

「トイオ・クラブ」はチームのコミュニケーションなどに使われる「Slack」を使用します。「Slackって何?」や、詳しい使いかたモバイル(スマートフォン)版アプリWindows/Macなどのデスクトップアプリのインストール方法などについてはSlack公式のヘルプセンターをご覧ください。
(16歳未満の方は、保護者の方を通じて利用をお願いいたします)

さあ、「トイオ・クラブ」に参加しよう!

toioに関して交流してみたいな、何か質問してみたいな、作った作品を見せ合いたいな、と思ったら、早速参加してみてください!

toio_club_join.png

『toio SDK for Unity』が Android に対応!それは「冬休みの自由研究」から生まれた!?

2021年02月24日

2020年9月に無償で公開され、大反響を呼んだ「toio SDK for Unity」がついにAndroidに対応しました!ここでは新規に追加された対応OSの情報、および当対応をオープンソース上で自作してしまった一人の凄腕エンジニアについて紹介します。

toio SDK for Unity がついに Android に対応!

本日、リリースされた「toio SDK for Unity v1.2」により開発環境およびアプリ実行環境に新たな環境が追加されました。

  • 【開発環境】
    • Windows 10 (64bit) [New!!]
    • macOS 10.14以上

  • 【アプリ実行環境】
    • Android 9.0以上 [New!!]
    • iOS 12.0以上

上記の通り、今回のアップデートによりiOSとAndroid両方のモバイルOS向けにアプリを生成できるようになりました。ぜひ「toio SDK for Unity」でロボットトイ「toio」を利用したアプリ開発をお楽しみください!

Android版はどのように生まれたのか?

「toio SDK for Unity」は公開時に多くの反響を呼んだものの、対応OSが iOS 限定であったため、多くの開発者の方からAndroid対応が待ち望まれていました。その状況下、一人のエンジニアがオープンソース上でのAndroid対応を宣言します。

「toio SDK for UnityのAndroid対応 ~ないなら作ればいいじゃない ~」

彼はこの記事を投稿した一週間後の2021年1月1日、Androidに完全対応した全プログラムソースをtoio SDK for UnityのGitHubリポジトリにプルリクエスト(取り込み依頼)します。その後、SDKの開発元であるモリカトロン株式会社が彼のソースを取り込み、実際に検証すると瞬く間に toio コア キューブと Android 端末が連携して動き出しました。

今回、たった一人でこの驚異的開発を成し遂げたエンジニアの黒河優介さんに Android版誕生のきっかけや開発経緯をインタビューすることができました。彼がなぜAndroid対応という大プロジェクトを一人で始めたのか、その誕生秘話をお届けします!

マルチプラットフォーム対応の感覚は学生時代から・・・

Q:黒河さん、本日はよろしくお願いします。黒河さんのおかげで toio SDK for Unityは大きなバージョンアップを遂げることができました。改めて感謝申し上げます。まず最初に黒河さんの技術的バックグラウンドについて教えていただけますか?

黒河さん:ありがとうございます。こちらこそよろしくお願いします。そうですね、私は新卒時にまずゲーム会社に入り、ゲーム開発を担当していました。その後モバイル系の会社に移り、現在はゲームエンジンの会社で働いています。ずっとプログラマーとしてやってきており、今はゲームエンジニアの開発サポートを担当しています。

kurokawa.jpg

(終始朗らかな黒河優介さん。インタビューはビデオ会議で行われました。)

Q:社会人になってから、ずっとプログラマーとして活躍されているのですね。

黒河さん:実は社会人前の学生時代からフィーチャーフォン(ガラケー)のアプリをつくるバイトをしていました。Javaでモバイルアプリをつくるというのは、その時代からやっていました。

Q:iアプリ」の時代ですね日本のモバイルゲームの聡明期ですね!

黒河さん:はい。バイト先にドコモ、ボーダーフォン(現在ソフトバンク)、auそれぞれの携帯上で実行できるフレームワークがあり、最終的にそこに手を入れるようになりました。同じJavaでもAPIが違ったり、JavaCでそもそも言語が違ったりとか、そういった環境に触れながら「あ、こうやって吸収するのか」みたいな感覚は持っていました。マルチプラットフォーム対応的な部分はそこで体験しました。

Q:すごいですね。学生時代からマルチプラットフォーム対応をやっていられていたのですね。

黒河さん:そういうことになりますね(笑)

30歳を越えてから始めた「夏休み・冬休みの自由研究」

Q:ところで toio とはどのように出会われたのですか?

黒河さん:おもちゃショーの動画で見たのが最初のきっかけだと思います。その後、CEDEC(Computer Entertainment Developers Conference)の講演で一度デモ機を見て、最終的にtoio SDK for Unityの話を聞いて、買っちゃいました。

Q:ご購入いただき、ありがとうございます。実際に toio SDK for Unity でアプリを開発してみてどうでしたか?

黒河さん:すぐにアプリ開発を始められました。サンプルのシーンをそのまま動かせばリモコンのように動かせるので、とても始めやすかったです。「ここから改造していこう」みたいに始めました。

Q:スムーズに始められたということで安心しました。それにしてもSDKを触り始めてから23ヶ月後にSDKの対応OSを拡張するとは凄まじいスピードですね。

黒河さん:実は最初にSDKを使って玩具のボトルマンとtoioを組み合わせた遊びを作りました。それをTwitterに投稿したら思いのほか、バズってしまったんです。

黒河さん:バズったのはいいのですが、iOSだと個人でアプリを配布するには少しハードルが高かったんですよね。それで「Androidで配ってみたいな」というのが今回の開発のきっかけでもあります。Androidアプリなら遊んでくれる人に「このAPKを入れてください」と言うことができるので。

Q:なるほど。「作ったゲームを手軽に配布したい」という気持ちから生まれたのですね。

黒河さん:はい。あとAndroidならUnity上のビルドアンドランで一発でアプリを書き出せます。早く開発のイテレーションを回したかったので、それも大きな魅力でした。Android対応を試しにやり始めてみたら、最初の二日ぐらいで「何かいけそうな気がしてきた」みたいな気持ちになって、それが12月のことです。その後、「ちゃんとやろう」と思って冬休み期間中にやっていました。

Q:『冬休みの宿題』みたいな感じでやられていた感じですか?

黒河さん:そうですね。実は30歳過ぎてから夏休みとか冬休みにだらだら過ごさないように『自由研究』と称して何かを作るようにしています。昨年の夏休みには「静岡県が公開している点群データをUnityで表示する」みたいな自由研究をやってTweetしていました。去年はコロナの影響で静岡県に行けなくなったので、「静岡県に行った気持ちになるためにも、この点群を表示しよう!」というよく分からないことをやっていました。

Q:すごい自由研究の活動ですね・・・。そしてまさか toio SDK for Unity のAndroid対応が『冬休みの自由研究ネタ』になるとは想像していませんでした。今年の11日(元旦)にソースコードのプルリクエストが送られて来たときは目を疑いました。もしや年越しもAndroid対応をされていたのでは?

黒河さん:ちょっとやってましたね(笑)

Q:「年越しAndroid対応」。すごいパワーワードですね(笑)実は今回のAndroid対応は私たちも対応方法を考えつつ「近いうちに必ず!」と検討中でした。そうしたら冬休み明けになぜか完成していた・・・。プロジェクト関係者も「あれ?なんでできているの?」といった具合にみんなキョトンとした感じでした。

黒河さん:そうだったのですね(笑)。実はプルリクエストした時、「もしかしたら公式側で動いてらっしゃって、自分のが拒否されるかも」という気持ちで出してみたんです。「駄目だったときは駄目だったときで公式で対応されるならば、それはそれでいいか」という気持ちでやっていました。

Q:いや、全面採用でした(涙)。本当にありがとうございます!実際に黒河さんのボトルマンを使ったゲームは配布されているのですか。

黒河さん:はい。ダウンロードできるようになっているのでtoioとボトルマンをお持ちの方には自由に遊んでもらっています。

Q:ボトルマンと toio が絶妙にコラボした世界観ですね!toio は身の回りのモノと一緒に遊んでもらうことを期待している商品でもあるので、このように遊んでもらえることは商品担当者としても、嬉しい限りです!今後も「自由研究ネタ」として新たな遊び方が生まれていくことをメンバー一同、楽しみにしています!本日はインタビューさせていただき、誠にありがとうございました。

黒河さん:こちらこそ、ありがとうございました。

----

黒河さんの『冬休みの自由研究』から生まれた toio SDK for Unity Android対応バージョン。SDK一式は以下、モリカトロン株式会社のダウンロードサイトから無償公開されていますので、みなさまの「自由研究ネタ」としてもぜひご利用ください。

----
※各製品名・サービス名は各社の商標です。各製品・サービスの詳細については各製品・サービス提供元へお問い合わせください。

大賞決定!「ロボットやろうぜ! - toio & Unity 作品動画コンテスト -」審査結果速報!!!

2020年12月03日

11月30日に締め切りとなりました「ロボットやろうぜ! - toio & Unity 作品動画コンテスト -」ですが、本当に数多くの魅力的な作品を応募いただき誠にありがとうございました!質量ともに想像を超える結果となり、審査員・運営ともに本当に心から楽しませていただき、また創造性と技術力の高度な融合に感動いたしました。

本当に熱い熱いコンテストとなりどれも甲乙つけがたく審査も難航しましたが、昨日審査を終え、ついに大賞と各特別賞が決定いたしました。
なお、この記事に加え、12/11(金)に予定しているYouTubeのUnityチャンネル内の録画番組でも受賞作品紹介を行いますのでぜひご覧ください!

また、この作品作りに多数利用いただきました「toio SDK for Unity」についてもぜひこちらをご覧いただければ幸いです。

受賞者のみなさまへ:
リワード受け取り方法・パーカー/Tシャツのサイズの確認は別途ご連絡いたします。
発送まで1か月程度いただく場合がありますので予めご了承ください。

それでは審査員紹介に引き続き発表いたします!