『toio SDK for Unity』が Android に対応!それは「冬休みの自由研究」から生まれた!?

2021年02月24日

2020年9月に無償で公開され、大反響を呼んだ「toio SDK for Unity」がついにAndroidに対応しました!ここでは新規に追加された対応OSの情報、および当対応をオープンソース上で自作してしまった一人の凄腕エンジニアについて紹介します。

toio SDK for Unity がついに Android に対応!

本日、リリースされた「toio SDK for Unity v1.2」により開発環境およびアプリ実行環境に新たな環境が追加されました。

  • 【開発環境】
    • Windows 10 (64bit) [New!!]
    • macOS 10.14以上

  • 【アプリ実行環境】
    • Android 9.0以上 [New!!]
    • iOS 12.0以上

上記の通り、今回のアップデートによりiOSとAndroid両方のモバイルOS向けにアプリを生成できるようになりました。ぜひ「toio SDK for Unity」でロボットトイ「toio」を利用したアプリ開発をお楽しみください!

Android版はどのように生まれたのか?

「toio SDK for Unity」は公開時に多くの反響を呼んだものの、対応OSが iOS 限定であったため、多くの開発者の方からAndroid対応が待ち望まれていました。その状況下、一人のエンジニアがオープンソース上でのAndroid対応を宣言します。

「toio SDK for UnityのAndroid対応 ~ないなら作ればいいじゃない ~」

彼はこの記事を投稿した一週間後の2021年1月1日、Androidに完全対応した全プログラムソースをtoio SDK for UnityのGitHubリポジトリにプルリクエスト(取り込み依頼)します。その後、SDKの開発元であるモリカトロン株式会社が彼のソースを取り込み、実際に検証すると瞬く間に toio コア キューブと Android 端末が連携して動き出しました。

今回、たった一人でこの驚異的開発を成し遂げたエンジニアの黒河優介さんに Android版誕生のきっかけや開発経緯をインタビューすることができました。彼がなぜAndroid対応という大プロジェクトを一人で始めたのか、その誕生秘話をお届けします!

マルチプラットフォーム対応の感覚は学生時代から・・・

Q:黒河さん、本日はよろしくお願いします。黒河さんのおかげで toio SDK for Unityは大きなバージョンアップを遂げることができました。改めて感謝申し上げます。まず最初に黒河さんの技術的バックグラウンドについて教えていただけますか?

黒河さん:ありがとうございます。こちらこそよろしくお願いします。そうですね、私は新卒時にまずゲーム会社に入り、ゲーム開発を担当していました。その後モバイル系の会社に移り、現在はゲームエンジンの会社で働いています。ずっとプログラマーとしてやってきており、今はゲームエンジニアの開発サポートを担当しています。

kurokawa.jpg

(終始朗らかな黒河優介さん。インタビューはビデオ会議で行われました。)

Q:社会人になってから、ずっとプログラマーとして活躍されているのですね。

黒河さん:実は社会人前の学生時代からフィーチャーフォン(ガラケー)のアプリをつくるバイトをしていました。Javaでモバイルアプリをつくるというのは、その時代からやっていました。

Q:iアプリ」の時代ですね日本のモバイルゲームの聡明期ですね!

黒河さん:はい。バイト先にドコモ、ボーダーフォン(現在ソフトバンク)、auそれぞれの携帯上で実行できるフレームワークがあり、最終的にそこに手を入れるようになりました。同じJavaでもAPIが違ったり、JavaCでそもそも言語が違ったりとか、そういった環境に触れながら「あ、こうやって吸収するのか」みたいな感覚は持っていました。マルチプラットフォーム対応的な部分はそこで体験しました。

Q:すごいですね。学生時代からマルチプラットフォーム対応をやっていられていたのですね。

黒河さん:そういうことになりますね(笑)

30歳を越えてから始めた「夏休み・冬休みの自由研究」

Q:ところで toio とはどのように出会われたのですか?

黒河さん:おもちゃショーの動画で見たのが最初のきっかけだと思います。その後、CEDEC(Computer Entertainment Developers Conference)の講演で一度デモ機を見て、最終的にtoio SDK for Unityの話を聞いて、買っちゃいました。

Q:ご購入いただき、ありがとうございます。実際に toio SDK for Unity でアプリを開発してみてどうでしたか?

黒河さん:すぐにアプリ開発を始められました。サンプルのシーンをそのまま動かせばリモコンのように動かせるので、とても始めやすかったです。「ここから改造していこう」みたいに始めました。

Q:スムーズに始められたということで安心しました。それにしてもSDKを触り始めてから23ヶ月後にSDKの対応OSを拡張するとは凄まじいスピードですね。

黒河さん:実は最初にSDKを使って玩具のボトルマンとtoioを組み合わせた遊びを作りました。それをTwitterに投稿したら思いのほか、バズってしまったんです。

黒河さん:バズったのはいいのですが、iOSだと個人でアプリを配布するには少しハードルが高かったんですよね。それで「Androidで配ってみたいな」というのが今回の開発のきっかけでもあります。Androidアプリなら遊んでくれる人に「このAPKを入れてください」と言うことができるので。

Q:なるほど。「作ったゲームを手軽に配布したい」という気持ちから生まれたのですね。

黒河さん:はい。あとAndroidならUnity上のビルドアンドランで一発でアプリを書き出せます。早く開発のイテレーションを回したかったので、それも大きな魅力でした。Android対応を試しにやり始めてみたら、最初の二日ぐらいで「何かいけそうな気がしてきた」みたいな気持ちになって、それが12月のことです。その後、「ちゃんとやろう」と思って冬休み期間中にやっていました。

Q:『冬休みの宿題』みたいな感じでやられていた感じですか?

黒河さん:そうですね。実は30歳過ぎてから夏休みとか冬休みにだらだら過ごさないように『自由研究』と称して何かを作るようにしています。昨年の夏休みには「静岡県が公開している点群データをUnityで表示する」みたいな自由研究をやってTweetしていました。去年はコロナの影響で静岡県に行けなくなったので、「静岡県に行った気持ちになるためにも、この点群を表示しよう!」というよく分からないことをやっていました。

Q:すごい自由研究の活動ですね・・・。そしてまさか toio SDK for Unity のAndroid対応が『冬休みの自由研究ネタ』になるとは想像していませんでした。今年の11日(元旦)にソースコードのプルリクエストが送られて来たときは目を疑いました。もしや年越しもAndroid対応をされていたのでは?

黒河さん:ちょっとやってましたね(笑)

Q:「年越しAndroid対応」。すごいパワーワードですね(笑)実は今回のAndroid対応は私たちも対応方法を考えつつ「近いうちに必ず!」と検討中でした。そうしたら冬休み明けになぜか完成していた・・・。プロジェクト関係者も「あれ?なんでできているの?」といった具合にみんなキョトンとした感じでした。

黒河さん:そうだったのですね(笑)。実はプルリクエストした時、「もしかしたら公式側で動いてらっしゃって、自分のが拒否されるかも」という気持ちで出してみたんです。「駄目だったときは駄目だったときで公式で対応されるならば、それはそれでいいか」という気持ちでやっていました。

Q:いや、全面採用でした(涙)。本当にありがとうございます!実際に黒河さんのボトルマンを使ったゲームは配布されているのですか。

黒河さん:はい。ダウンロードできるようになっているのでtoioとボトルマンをお持ちの方には自由に遊んでもらっています。

Q:ボトルマンと toio が絶妙にコラボした世界観ですね!toio は身の回りのモノと一緒に遊んでもらうことを期待している商品でもあるので、このように遊んでもらえることは商品担当者としても、嬉しい限りです!今後も「自由研究ネタ」として新たな遊び方が生まれていくことをメンバー一同、楽しみにしています!本日はインタビューさせていただき、誠にありがとうございました。

黒河さん:こちらこそ、ありがとうございました。

----

黒河さんの『冬休みの自由研究』から生まれた toio SDK for Unity Android対応バージョン。SDK一式は以下、モリカトロン株式会社のダウンロードサイトから無償公開されていますので、みなさまの「自由研究ネタ」としてもぜひご利用ください。

----
※各製品名・サービス名は各社の商標です。各製品・サービスの詳細については各製品・サービス提供元へお問い合わせください。

大賞決定!「ロボットやろうぜ! - toio & Unity 作品動画コンテスト -」審査結果速報!!!

2020年12月03日

11月30日に締め切りとなりました「ロボットやろうぜ! - toio & Unity 作品動画コンテスト -」ですが、本当に数多くの魅力的な作品を応募いただき誠にありがとうございました!質量ともに想像を超える結果となり、審査員・運営ともに本当に心から楽しませていただき、また創造性と技術力の高度な融合に感動いたしました。

本当に熱い熱いコンテストとなりどれも甲乙つけがたく審査も難航しましたが、昨日審査を終え、ついに大賞と各特別賞が決定いたしました。
なお、この記事に加え、12/11(金)に予定しているYouTubeのUnityチャンネル内の録画番組でも受賞作品紹介を行いますのでぜひご覧ください!

また、この作品作りに多数利用いただきました「toio SDK for Unity」についてもぜひこちらをご覧いただければ幸いです。

受賞者のみなさまへ:
リワード受け取り方法・パーカー/Tシャツのサイズの確認は別途ご連絡いたします。
発送まで1か月程度いただく場合がありますので予めご了承ください。

それでは審査員紹介に引き続き発表いたします!

『toio SDK for Unity』はじめの一歩「シミュレーター上でキューブを動かそう!」

2020年12月01日

「toio SDK for Unity」を使うことで誰でも簡単にtoio用アプリを開発できるようになりました!今回はそのはじめの一歩として実際にシミュレーター上でキューブを動かすまでの手順をご紹介します。PCにUnityがインストールされていればあっという間に動かすことができるのでぜひお試しください♪

開発する前に

開発を始める前にUnityの開発環境とUnityプロジェクトを用意しておく必要があります。「toio SDK for Unity」の公式ドキュメントに各手順の詳細が載っていますので下記の各リンク先を参考にしてください。

  1. Unityの開発環境をインストールする
  2. Unity で新規プロジェクトを作り、「toio SDK for Unity」を読み込む

開発してみよう!

それでは実際に開発を始めます。開発の様子を約2分間の映像で用意しました。ステップバイステップで各手順を解説していますので、ご覧ください。

実機で動かすには?

シミュレーター上のキューブが動くことを確認できましたか?実物のキューブに繋げて動かすためにはUnity上でiOS用のビルド設定を行う必要があります。こちらも詳細手順が公式ドキュメントに掲載してあるのでご参照ください。

まとめ

どうでしたか?「toio SDK for Unity」によるアプリ開発の様子をイメージしていただけましたでしょうか。このように当SDKを使うことで簡単にシミュレーター上のキューブを動かすことができ、その後、直ぐに実物のキューブに接続して動かすこともできます。
ぜひ「toio SDK for Unity」をつかって toio用アプリ開発にチャレンジしてみてください♪

toioでビジュアルプログラミングをはじめよう!~「toio」のビジュアルプログラミングに挑戦(ちょうせん)キャンペーン~

2020年11月19日

toioでビジュアルプログラミングをはじめよう!

ビジュアルプログラミングは、パソコンでブロックを並べるだけでかんたんにゲームやべんりなどうぐがつくれたりするプログラミングのほうほう。

toio」はビジュアルプログラミングでとってもたのしいあそびやゲームがつくれるよ。さっそくやってみよう!

大人の方へ:本サイトは「toio」をお持ちの方、およびキャンペーンや店頭でお受け取りになった「toio™のビジュアルプログラミングお試し紙マット」をお持ちのみなさま向けの情報を提供しています。お持ちでない方でも、「トイオ・コレクション」付属のプレイマットや、toioの「簡易プレイマット」「開発用プレイマット」で一部体験可能です。

※ここからは「toio™のビジュアルプログラミングお試し紙マット」(ここからはマットとよびます)をよういしてください。

toio-vp-sp_20201119-1-0.png

『toio SDK for Unity』でどんなアプリが作れるの?サンプル紹介、第一弾!【AR編】

2020年10月10日

前回の記事でご紹介した通り、「toio SDK for Unity」がモリカトロン株式会社からリリースされました。

「toio SDK for Unity」のリリースについて詳しくはこちら

それではこの「toio SDK for Unity」を使うとどんなアプリを開発できるのでしょうか?こちらでは当SDKで開発されたサンプル作品たちを日々、紹介していきます!今回は「toio」と「Unity」、そして「AR技術」を組み合わせたサンプル作品たちです。

『AR Touch』by 橋本直(明治大学/工学ナビ)

テーブルの上にはマットとキューブしか置かれていませんが、そこにタブレットをかざすと・・・?

(© UTJ/UCL)

何もなかったキューブの飛行機上に突然、女の子(ユニティちゃん)が現れ、ユーザーの手の動きを追いかけるように走り出しました!このように当SDKを使うことでtoio の絶対位置制御」と「UnityのAR技術」を組み合わせた「触れるAR」作品を生み出すことが可能です。
(※キューブの座標取得には「toio™開発用プレイマット」が使用されています。)

『Surface Diver』by 赤星俊平

こちらはヘッドマウントディスプレイとキューブが合体した新たな装置です。こちらで白いマットをのぞくと・・・?

海の中の魚たちを見つけられましたか?toio をプログラミングで制御しようとすると「どういう風にキューブを動かすか」と考えがちですが、こちらは一風変わって「toio の位置認識技術」のみを使うことで、手軽に海中に潜れる体験を創り出しています。
(※キューブの座標取得には「トイオ・コレクション」のプレイマットが使用されています。)

今回、紹介した2作品のように toioとUnityの技術を組み合わせることで今まで体験したことのないAR作品も生み出すことができます!ぜひ、「toio SDK for Unity」を使って新たなアプリ開発を体験してみてください!

作品をつくったら、コンテストに応募しよう!

みなさんの創作活動を支援する「ロボットやろうぜ!- toio & Unity 作品動画コンテスト -」が2020年10月10日から開催されます。豪華リワードが用意されてますので「toio SDK for Unity」で作品を作ったらぜひコンテストにご投稿ください。ARに限らず、様々なジャンルからの作品をお待ちしています!

T&UContest_logo_03-01.pngのサムネイル画像

ロボやろリワード20201010.pngのサムネイル画像

「ロボットやろうぜ!- toio & Unity 作品動画コンテスト -」ついて詳しくはこちら


----
※toioの絶対位置の取得(読み取りセンサー)や制御方法に関する情報などについては「toio™コア キューブ技術仕様」ブログ記事もご参考ください。
※各製品名・サービス名は各社の商標です。各製品・サービスの詳細については各製品・サービス提供元へお問い合わせください。

【追記:審査員&制作期間延長決定!】本日10/10エントリー開始!「ロボットやろうぜ!- toio & Unity 作品動画コンテスト -」

2020年10月10日

「ロボットやろうぜ!- toio & Unity 作品動画コンテスト -」を開催!本日10/10正午よりエントリーを受付開始します!
「toio SDK for Unity」を使った作品の動画など、「toio」と「Unity」の楽しい作品動画の投稿とご応募をお待ちしております!

『toio SDK for Unity』が無償で配信開始!

2020年09月30日

「toio を使ってモバイルアプリやゲームをつくれたらなぁ...」
そういう風に思っていた方、多いのではないでしょうか?

そんな皆さまの声にお応えして、「toio」とゲームエンジンの「Unity」を使ってモバイルアプリやゲームが開発できる「toio SDK for Unity」がSIE開発協力の元、モリカトロン株式会社から無償で配信開始されました!

【Unityとは?】

世界中のゲーム開発で使われているゲームエンジンです。カジュアルな2Dゲームから3Dグラフィックゲームまで直感的な操作で開発できるので、誰でも簡単にモバイルアプリやゲームを開発可能です。

【toio SDK for Unityとは?】

「toio SDK for Unity」とは、ゲームエンジンのUnity で「toio™コア キューブ(以下キューブ)」を制御するための開発環境です。これにより、スマートフォンやタブレット(iOS端末)から手軽にキューブを動かすことができ、誰でも気軽にtoio専用アプリを開発できます。またUnity上の豊富なライブラリやアセットと組合わせて「触れるARゲーム」やAIを活用したロボット研究、インタラクティブなアート等を制作することも可能です。

スクリーンショット 2020-09-28 18.58.04 (2).png

【SDKの特長とは?】

当SDKはシミュレーター機能を提供しており、一つのコードを書くことでシミュレーター上のキューブと実際のキューブの両方を動かすことができます。この機能により実際にキューブを動かすことなく画面上で動作を確認できるため、迅速かつ効率的に開発可能です。

overview.gif

【開発に必要なもの】

・toio™コア キューブ
・toio™専用マット
 (トイオ・コレクション付属のプレイマット/toio™コア キューブ(単体)付属の簡易プレイマット/toio 開発用プレイマット)
・Mac (macOS ver.10.14以上)
 ※Windows PCではSDKのシミュレーター機能のみ利用可能です
・iOS端末(iOS ver.12以上)
・Unity(2019.4 LTS

【開発のはじめかた】

『toio SDK for Unity』は「toio™」専用アプリ「ウロチョロス」を開発したモリカトロン株式会社によって開発・提供されています。SDKは以下のサイトから無料でダウンロード可能なのでぜひご利用ください。

----
※各製品名・サービス名は各社の商標です。各製品・サービスの詳細については各製品・サービス提供元へお問い合わせください。

「ロボットやろうぜ!- toio & Unity 作品動画コンテスト -」開催決定

2020年09月30日

toio SDK for Unity』の配信開始を受けて、ユーザーの皆様の「toio」と「Unity」を使った創作活動を支援する「ロボットやろうぜ!- toio & Unity 作品動画コンテスト -」(以下「ロボやろ」)を、ユニティ・テクノロジーズ・ジャパンと共同で開催いたします。

「ロボやろ」は「toio」とUnityを使って作成してSNS等で公開された作品動画を募集するオンライン作品発表型のコンテストです。

応募方法や各賞・リワードなどの発表は2020年10月10日に再度このblogで告知させていただきます。公開・応募開始されました↓!



ぜひお見逃しなく!


――――――――――――――――――――――――――――

※以下は本ブログ記事公開時点の情報です。実際の実施に関してはこちらの記事をご覧ください、

【コンテスト概要】

コンテスト名称:「ロボットやろうぜ!- toio & Unity 作品動画コンテスト -」

・作品募集期間: 2020年10月10日(土)~2020年11月4日(水)
・受賞作品発表(オンライン): 2020年11月6日(金)
・参加方法:
エントリーフォームによる事前エントリー(2020/10/10エントリー開始)

公式ハッシュタグ「#toio #Unity #ロボやろ」をつけてYouTubeにてオリジナル作品の動画を公開、同じく公式ハッシュタグをつけてTwitterやブログで動画紹介記事を投稿

作品応募フォームによる応募対象となる作品動画URLの提出(2020/11/4締め切り)

※エントリーフォーム、作品応募フォーム、応募規約を含む詳細は今後本記事にてお知らせします

・選考基準:動画の内容やインパクト、楽しさ、再生回数などから審査員が
総合的に審査いたします
・賞およびリワード(予定): ※詳細は告知サイト内にて紹介いたします

toio & Unity大賞:最もインパクトと楽しさがあふれ、広く知っていただきたい作品を選定
リワード:Unity推奨パソコン、toio特別セット、特別ノベルティ

バズ動画賞:動画のビュー数を中心に、内容やSNSでのインパクトを併せて選定
リワード:toio特別セット、特別ノベルティ

エバンジェリスト記事賞:動画だけでなく、ブログやTwitterでの紹介記事のクオリティとSNSでのインパクトを併せて選定
リワード:toio特別セット、特別ノベルティ

※その他、下記の審査員特別賞を設置予定
  ・シミュレーター賞(仮)
  ・AR賞(仮)
  ・ゲーム・エンタテインメント賞(仮)
  ・AIロボティクス賞(仮)

【審査員】
・ソニー・インタラクティブエンタテインメント toio開発者
 田中 章愛

・ユニティ・テクノロジーズ・ジャパン プロジェクトマネージャー
 小森 顕博
(追加審査員に関してはコンテスト告知サイトにて情報更新予定)

公式ハッシュタグ:「#toio #Unity #ロボやろ」

その他の注意事項:

・本コンテストの実施内容・参加方法・賞・リワード等については募集開始までに変更となる場合があります。
・応募対象は事前にエントリーフォームの応募規約に同意いただいた方・団体によるオリジナル作品に限ります。
・toioをお持ちでない場合でも、『toio SDK for Unity』に含まれるシミュレーターを使った応募が可能です。


主催:ソニー・インタラクティブエンタテインメント
協賛:ユニティ・テクノロジーズ・ジャパン株式会社
協力:モリカトロン株式会社、株式会社スイッチサイエンス

――――――――――――――――――――――――――――

toio blog開設のお知らせ

2020年09月01日

いつもtoioをお楽しみいただき、ありがとうございます。

このたび本公式サイトにて、toioの"あそびとまなび"の世界をさらに深く知っていただけるように、様々な情報発信の場として「toio blog」を開設いたしました。

今後は主に、toioで提供している様々なプログラミングでの活用方法、toio本体の技術仕様などの情報について更新してまいります。

主なマガジン

toio™「ビジュアルプログラミング」のあそびかた

toio™「キューブ」の最新機能と応用方法のご紹介

今後も、より一層toioを楽しんでいただけるようにコンテンツを充実させてまいります。

どうぞお楽しみに!

※「toio公式note」終了のお知らせ
2020
8月末日をもって、公式noteは終了いたしました。
掲載していたコンテンツは、今後本 toio blogにて提供してまいります。

みなさまのtoioライフを拡充させるべく更新してまいりますので、よろしくお願いいたします。

toio™️のアップデートでできること 目標指定付きモーター制御とは?①

2020年06月26日

システムソフトウェアアップデート2019によって追加された、toio™ Core Cube (以降キューブ)の目標指定付きモーター制御に関する機能をご紹介します。

キューブがちょっとだけ賢くなって、自律して目標(位置、向き)へ移動することができるようになりました!

画像1

目標指定付きモーター制御ってなに?

キューブを使ってプログラムをする際に、こんなことで困ったことありませんか?

「キューブをある位置に移動したいけどどうしたらいい?」

「キューブをある向きに変えたいけどどうしたらいい?」

今まではキューブの位置や向きから、タイヤのスピードを計算して制御する必要がありましたが、目標指定付きモーター制御により簡単に目標に移動することができるようになりました。