『toio SDK for Unity』が無償で配信開始!

2020年09月30日

『toio SDK for Unity』が無償で配信開始!

「toio を使ってモバイルアプリやゲームをつくれたらなぁ...」
そういう風に思っていた方、多いのではないでしょうか?

そんな皆さまの声にお応えして、「toio」とゲームエンジンの「Unity」を使ってモバイルアプリやゲームが開発できる「toio SDK for Unity」がSIE開発協力の元、モリカトロン株式会社から無償で配信開始されました!

【Unityとは?】

世界中のゲーム開発で使われているゲームエンジンです。カジュアルな2Dゲームから3Dグラフィックゲームまで直感的な操作で開発できるので、誰でも簡単にモバイルアプリやゲームを開発可能です。

【toio SDK for Unityとは?】

「toio SDK for Unity」とは、ゲームエンジンのUnity で「toio™コア キューブ(以下キューブ)」を制御するための開発環境です。これにより、スマートフォンやタブレット(iOS端末)から手軽にキューブを動かすことができ、誰でも気軽にtoio専用アプリを開発できます。またUnity上の豊富なライブラリやアセットと組合わせて「触れるARゲーム」やAIを活用したロボット研究、インタラクティブなアート等を制作することも可能です。

スクリーンショット 2020-09-28 18.58.04 (2).png

【SDKの特長とは?】

当SDKはシミュレーター機能を提供しており、一つのコードを書くことでシミュレーター上のキューブと実際のキューブの両方を動かすことができます。この機能により実際にキューブを動かすことなく画面上で動作を確認できるため、迅速かつ効率的に開発可能です。

overview.gif

【開発に必要なもの】

・toio™コア キューブ
・toio™専用マット
 (トイオ・コレクション付属のプレイマット/toio™コア キューブ(単体)付属の簡易プレイマット/toio 開発用プレイマット)
・Mac (macOS ver.10.14以上)
 ※Windows PCではSDKのシミュレーター機能のみ利用可能です
・iOS端末(iOS ver.12以上)
・Unity(2019.4 LTS

【開発のはじめかた】

『toio SDK for Unity』は「toio™」専用アプリ「ウロチョロス」を開発したモリカトロン株式会社によって開発・提供されています。SDKは以下のサイトから無料でダウンロード可能なのでぜひご利用ください。

----
※各製品名・サービス名は各社の商標です。各製品・サービスの詳細については各製品・サービス提供元へお問い合わせください。